ビスマルクの最近のブログ記事

2年程かかりましたが、やっと1/200ビスマルクが完成しました。

部品点数がぶっちぎりの多さでエッジングパーツも入れると何千点となってしまいました。

綺麗に色を塗っただけの作品は味気なく深みもありません。

そのため汚しのテクニックを駆使して月日の刻まれた戦艦というものを表現しました。

やはり、ドイツのデザインの良さにはとても惹かれるものがあります。

より複雑なものほど見ていて飽きない味わい深いと感じます。

いつの日か1/144の戦艦が市販されないかとこまめに検索していますが、

色々問題があるのか完成品でしか販売されていません。

一度はそのスケールのプラモデルをつくってみたいものです。


127.jpg

128.jpg

129.jpg


パソコン・スマートフォンサイト制作のコンパス 〒 350-1249 日高市高麗川2-28-7

telfax : 042-978-7351 mail@compass-web.info https://www.compass-web.info/

ビスマルク制作-4

| コメント(0) | トラックバック(0)

飛行偵察機をつり上げカタパルトに乗せるためのクレーンです。

ビスマルクは左右2つのクレーンが船体中央部にありました。

戦艦大和は最後部にありますが、後部がスマートにできているため中央に配置したのかも知れません。

このクレーンの1つに偵察機をつり下げでみようかと思っています。

模型はより複雑にしたほうが見た時の感じが、すごく良くなります。

手間をかけた分、喜びも大きくなります。


119.jpg


パソコン・スマートフォンサイト制作のコンパス 〒 350-1249 日高市高麗川2-28-7

telfax : 042-978-7351 mail@compass-web.info http://www.compass-web.info/

ビスマルク制作-3

| コメント(0) | トラックバック(0)

艦橋と前半分の構造物です。

塗装前のエッジングパーツを付けて組み立てたもの。船の大きさは大和と同じくらいなのですが

主砲の大きさが大和のそれの半分位の容量で、とてもスマートに見えます。

デザイン的にはこのビスマルクが戦艦の中では一番だと思います。

やはり、ドイツのデザインセンスは車でも分かるように良いですね。

戦闘機でもメッサーシュミットは形や配色が、とても気に入っています。

イタリアもそうですが民族的なセンスの良さってあるのかと思います。

大和に比べてビスマルクは部品点数が凄く多く、制作にとても時間がかかってしまいます。

これから、まだまだ道のりは長いです。


113.jpg


パソコン・スマートフォンサイト制作のコンパス 〒 350-1249 日高市高麗川2-28-7

telfax : 042-978-7351 mail@compass-web.info http://www.compass-web.info/

ビスマルク制作-2

| コメント(0) | トラックバック(0)

主砲の製作です。

ビスマルクの主砲は戦艦大和に比べると7割り程の大きさに見えます。

砲身が3連装ではなく2連装ということもありますが

大和のほうが迫力のある砲塔です。ビスマルクの主砲はとてもスマートに感じます。

僕は、プラモデルを製作する場合メインの部分からとりかかります。

決して説明書どおりの順番にしません。主砲の次は艦橋や煙突というぐあいに...。

早く全体のフォルムが見たくてたまらなくなるからです。

ほんと、楽しいですね。


88.jpg


パソコン・スマートフォンサイト制作のコンパス 〒 350-1249 日高市高麗川2-28-7

telfax : 042-978-7351 mail@compass-web.info http://www.compass-web.info/

ビスマルク制作-1

| コメント(0) | トラックバック(0)

物づくり人間の僕としては、仕事の他にいろいろな制作をしています。

今年から始めた戦艦の制作もそのひとつです。これから少しづつ紹介してゆこうと思っています。

まずは、この煙突です。このデザインは素晴らしいの一言です。

戦争の兵器ですので不謹慎な部分もありますが、制作物として考えるとドイツ人のセンスの良さが分かります。

芸術品としては素晴らしいの一言につきます。


85.jpg


パソコン・スマートフォンサイト制作のコンパス 〒 350-1249 日高市高麗川2-28-7

telfax : 042-978-7351 mail@compass-web.info http://www.compass-web.info/