忍者ツールも結局グーグルの餌食に

| コメント(0) | トラックバック(0)
2011年7月28日 10:35

アクセス解析ツールの先駆けでもある忍者は、瞬く間にその操作性と無料ということで

シェアを広げ最大手となりました。

そして利用客を獲得した上で広告表示を大きくして有料ならその表示を消す事ができるようにして

利益を上げてきました。 

ネット展開の常道であるのですが、無料提供でユーザーを集めて後から有料にして利益を上げるということ。

しかし、またまたグーグルがより高性能のアクセス解析を完全無料、広告なしで提供したため

忍者ツールの利用者は激減したようです。

上位表示対策としても忍者の解析ツールは問題があり、それも原因となったのでは。

結局大きな企業の参入までの3日天下ということなのでしょうか。

弱肉強食の原理でより優れたコストのかからないものが現れると、それに取って代わられる。

1番か2番しか生き残れない超競争の世界。

最終的には、全てグーグルのツールになってしまうのではないかと思ったりしてしまいます。

どうなってしまうのでしょうか?


p69.jpg


ホームページ制作埼玉のコンパス 〒 350-1234 日高市上鹿山63

telfax : 042-978-7351 mail@compass-web.info https://www.compass-web.info/ 


トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.compass-web.info/cgi-bin/mt-tb.cgi/72

コメントする